こわくない脱力系株式投資ブログ

株をやってみたいなぁでも怖いなぁと思い続けてやっとやり始めたタクアンのブログ。初心者投資家の等身大の日々を書いていきます。

だめだ。。寒いのが好きなはずなのに毎年気温の変化についていけないです。。。


というわけで18回目始めていきましょう!


前回前々回と利確や損切りをテーマにお話ししてきました

そのまとめとして、実際に株式を取り引きするときには必ずご自身の

「ルール」

を決めて取り引きをすべきという事がとっても重要です・・・というお話をします



列挙してみると


・PERが低いもの(できれば15倍以下)
・チャートが上昇傾向にあるかどうか
・ファンダメンタルズ面から安定している会社かどうか判断できるか
・目標の株価を設定し取り引きをする
・リスク回避をするため分散投資をする

などなどです


あれ、、、


一番最後の分散投資ってなんだ!?

と思った方いらっしゃると思います


その名の通り、1銘柄だけでなく複数の銘柄に投資をするという意味です


こちら次回じっくりお話ししていきます!


またお楽しみに・・・・・


というか本当寒い。温泉行きたい。。。
いつも楽天トラベルお世話になっております。。。から貼っておこ。。楽天ポイントもたまるし意外といいんすよね。。




ブログランキングの方もポチッとお願いします!!!!!ハロウィン仕様もあるんだね、、、助けて!


人気ブログランキング

さっむ!!

これは気温が変わりすぎて風邪ひきそうですが。。みなさんも大丈夫ですか。。。

そんな中、17回目をはじめちゃいますね。。


昨日に引き続き株の実際の売買についてお話ししていきます


前回のブログでは購入して売る時の株価の目標を決めましょ!そして利確しましょ!というところでした


今回はその逆の損切りです


イメージとしては


自分の持ってる株が


どーーーーーん


っと下がってしまい
どこで売ればいいのかうろたえる。。。

そう。。損切りとはまさにその売る場所を見極めることがポイントなんです


今下がっているけどきっと上がるから持っていよう

とか思っているとそのまま下がって行ったり、塩漬けになったりであんまりいいこと無いんです


なので


「ここまで落ちたら売りましょ。。」


という目標も決めておくんですね


これが「損切り」というわけ


これを設定しておくと置かないとでは精神的にも金銭的にも全然違います


運ではどうにもならない時も


この損切り設定が終止符を打ってくれるんですね



私もよくあります


傷が浅くてよかった。。もうちょっと下がってたら。。。みたいな。。



株はメンタル面も重要になってきますので

この損切りする値段は必ず決めておくことをお勧めします


パーセンテージで決めてもいいかもですね

マイナス何%いったら必ず損切りしよう!

という感じで


今回はこの辺で!


また次回をお楽しみに!!


毎度お馴染みブログランキングクリックのご協力もお願いします!!

なんだか一気に寒くなりました。。。風邪ひきそうです。。。

では16回目ですね

今回は株を購入する際には目標値を決めてみましょというところでお話し終えました。。


目標値というのはつまり目標にする株価です


この目標の株価は購入後、「この値段まできたら利確しよう!」としておく価格の事です。

あ、「利確」というのは「利益確定」の略で、持っている株を売却して利益を得る事を言います。



じゃあ実際、どうやってその目標値を決めるの?という事のなのですが

これはこの前の記事の「PER」を指標にする事になります
http://datsuryokukabushiki.blog.jp/archives/4145775.html



例えば


PERが非常に低い株。。。そうですねえ。。。
PER 9倍にしましょう!

これはものすごい割安株だなぁと思うわけです

そうなると現在の株価は1株=450円

さらに一株益が50円という株になります。


PER = 株価 ÷ 一株益 という事でしたので成り立ちますね。


ここで思い出してくだい。


PERの標準はだいたい15倍なわけです。


ということは


この株、実は一株益×15倍の可能性があるわけです


その場合この株の一株益 50円 × 15倍 = 750円



。。。つまり750円を目標値に設定するわけです!


750円を超えたらとりあえず利確!という事になりますよ!


なるほど、、、目標値が決まれば売りのタイミングもある程度読めそうだ。。。



という事で次回は利確の逆「損切り」についてお話ししてみますね


お楽しみに!




ブログランキングのクリックご協力も何卒お願いいたします!


株式ランキング

↑このページのトップヘ